山梨・甲府の観光、グルメ、ショッピング、宿泊施設など
多彩なレジャーやお得クーポンなどの情報をご紹介する甲府ちゃんねるナビ

登録掲載件数223
トップ > 観光情報

インスタ映えする滝 一之釜(いちのかま)

インスタ映えすると人気の滝が山梨市にあります。
一之釜は上流の三富地域にあり、
林道を散策しながら川に降りて行くとつり橋があり、
三つの滝が楽しめます。
なかでも高さ21メートルの
男滝が水しぶきをあげて滝つぼに落ちる姿は迫力があります。
しぶきが虹色に染まる事も・・・。
あなたもSNSで投稿して見ては?
住所 山梨市三富川浦
インスタ映えする滝 一之釜(いちのかま)はコチラ
県民の日フェア

富士山世界遺産センターで11月20日(月)に県民の日フェア2017が行われます。
入館料420円のところどなたでも無料で入場できます!!!
さらに入館するとふじさんブックマーカーをプレゼントがあります!
日本の心を奏でる「尺ペラーズコンサート」や缶バッジ手作り体験など
楽しいイベント盛り沢山!ですのでお出かけください!
県民フェア2017はコチラ
山中湖「夕焼けの渚(なぎさ)・紅葉祭り」

山中湖南岸にある旭日丘エリアの緑地公園にも、
10種類以上のカエデや見上げたら首が痛くなる程の大きなケヤキがあります。
その森に混じるようにアカマツが群生し、
紅葉の季節になると、地元の人たちもつい歩きたくなるスポットとして人気です。
毎年、この季節、10月下旬から11月上旬には、
紅葉のお祭りが開かれ、日が落ちてくるとライトアップも。
夕方になるとかなり寒くなりますが、あたたかい格好をして、
ゆったりと歩くのがおすすめです。
■日時
平成29年10月27日(金)∼11月12日(日)
ライトアップ点灯時間:午後4時30分∼午後9時まで
山中湖「夕焼けの渚(なぎさ)・紅葉祭り」はコチラ
もみじ祭り-心静かに紅葉を観る会-

富士山の麓、富士吉田市で開催されます。
180mのもみじ回廊に約60本のいろはもみじが植えられています。
雪化粧のはじまった富士山と、赤く色づいた紅葉のコントラストをお楽しみください。
期間中の土日祝には、地場産品の販売・催し物が行われます。

開催期間
平成29年10月28日(土)∼11月12日(日)
もみじ祭り∼心静かに紅葉を観る会∼はコチラ
西嶋(にしじま)和紙まつり

西嶋和紙の発祥は今から約450年程前の戦国時代にまでさかのぼります。
そんな伝統と歴史の特産品「西嶋和紙」の
紙漉製法をアレンジした紙漉き体験ができるなかとみ和紙の里で、
第7回目となる西嶋和紙まつりが開催されます。
高校生による書道パフォーマンス、西嶋和紙絵手紙展の展示や体験コーナー、
ライブパフォーマンス、書道用具アウトレット市に、
あけぼの大豆産地フェア同時開催など、催し物が盛り沢山です。
日 時:平成29年10月15日(日)午前10時∼午後3時
西嶋(にしじま)和紙まつりはコチラ
西原ふるさと祭り

西原ふるさと祭りでは、前夜祭に灯る1,000本のあんどんの灯が灯ります。
祭りを神秘的に演出しています。
味の広場では、手打ちそばや五目飯、酒まんじゅう、焼きもろこし、
わさび漬け、手づくりパンなど、ふるさとの味覚を楽しむことができます。
日時:
平成29年10月7日(土) 午後5時から午後9時(前夜祭)
平成29年10月8日(日) 午前10時から午後3時(本祭)
西原ふるさと祭りはコチラ
織物工場を巡るバスツアー開催!

富士山のお膝元、山梨県富士吉田市では、富士山の湧き水を使って千年以上前から織物業が育まれてきました。
10月7、8日に開催される「ハタオリマチフェスティバル」、通称「ハタフェス」に合わせ織物工場を巡るバスツアー開催します!
織物工場を巡るバスツアー開催!はコチラ
昇仙峡仙娥滝ライトアップ

ライトアップされた滝の風情を満喫し、
マイナスイオンのシャワーを存分に浴びながら心安らぐひとときを過ごすことができます。
普段とはひと味違った幻想的な滝の姿を見て、ひとときの清涼を味わいませんか?
期間:10月20日(金)∼11月25日(土) 午後9時まで
昇仙峡仙娥滝ライトアップはコチラ
富士ヶ嶺ファームフェスタ

【富士ヶ嶺ファームフェスタ】
↓ ↓ ↓ 詳しくはこちら ↓ ↓ ↓
富士の裾野、山梨県下最大の酪農地帯富士ヶ嶺で、
2017富士ヶ嶺ファームフェスタが開催されます!
富士山が育んだ伏流水を毎日たくさん飲んでる牛から生まれた成分無調整牛乳や、
富士ヶ嶺高原牛乳を原料にしたフレッシュ手作りチーズなどを、
イベント期間中のみの特別価格で販売いたします!
山梨県産「甲州麦芽ビーフ」鉄板焼無料試食もあります!
開催日 2017年10 月14日
富士ヶ嶺ファームフェスタはコチラ
鳴沢村(ならさわむら)農業まつり

鳴沢村の特産品である高原野菜や山菜・果物・魚・日用品など
たくさんの種類をお得な価格で販売しているお祭りです。
鳴沢村特産のおいしいキャベツや大根などの野菜をはじめ、
色とりどりの花を咲かせる「ど根性ビオラ」などの花壇苗の販売や、
農業資材の即売会・やきとり・焼きそば・
けんちん汁・わたがし・食料品など販売しています。
日時
平成29年10月14日(土)∼15日(日)
A.M9:00∼P.M4:00(15日はP.M3:00まで)
鳴沢村(ならさわむら)農業まつりはコチラ
ポール・ラッシュ祭&八ヶ岳カンティフェア

カンティフェア(カンティは郡、フェアはお祭り)は、
古くからアメリカで盛んだった収穫感謝祭だそうです。
それをポール・ラッシュが八ヶ岳で催したのが発祥です
「明日への希望」を信じ、挑戦する人を励ますためのもので、
広々とした牧草地を舞台に、2日間に渡って様々なイベントが行われ、
今では来場者数5万人を超える大きなお祭りになっています。
日時:2017年10月14日(土) 10:00∼16:30、15日(日) 10:00∼16:00
場所:山梨県北杜市清里 清泉寮前広場
ポール・ラッシュ祭∼八ヶ岳カンティフェア∼はコチラ
身延山御会式 万燈行列(みのぶさんおえしき まんどうぎょうれつ)

日蓮聖人の御入滅の際、大地鳴動して時ならぬ桜が一斉に咲き揃い、
多くの弟子達がこの桜の下で聖人を悼んだと伝えられています。
この故事にちなみ、竹の柳に和紙で作った桜花を飾り付けた万燈を引き、
太鼓、笛、鐘によるおはやしを奏でながら歩きます。
約2,000名もの人々が全国より参加します。
日時 平成28年10月7日(土) 16時30分∼21時(予定)
身延山御会式 万燈行列(みのぶさんおえしき まんどうぎょうれつ)はコチラ
よい子の花火大会

かつて下吉田の月江寺地区の恒例行事として地元の人に親しまれていた「よい子の花火大会」。地域の団結力を高め、いきいきとした街へと盛り上げていきたいという、地元有志の方々により開催されます。メインイベントの打ち上げ花火のほか、ステージイベントや昔ながらの屋台など、子どもも大人も、家族でも楽しめるイベントです。今年は20時半から下吉田第2小学校グラウンドから約2000発もの花火を打ち上げます。
日時:10月1日(日)10:00∼20:00
よい子の花火大会はコチラ
須玉甲斐源氏(すだまかいげんじ)祭り

「甲斐源氏発祥の地」をPRするお祭り。
北杜氏須玉町の城跡「若神子城」は、
甲斐源氏・武田始祖の新羅三郎義光が築いたと言われています。
須玉町若神子では毎年秋に「須玉甲斐源氏祭り」を開催しています。
ちびっこ相撲やお笑い芸人ライブ、サクライザーショーや甲斐源氏太鼓の演奏、屋台などをお楽しみください。
日時:2017年10月1日(日)
   10時00分から16時30分まで※小雨決行
須玉甲斐源氏(すだまかいげんじ)祭りはコチラ
棡原(ゆずりはら)地区獅子舞奉納祭

上野原市棡原の大垣外、小伏、猪丸、日原の4地区で行われ、
それぞれの地区で型の違う舞が披露されます。
この奉納祭が終わると、棡原地区は一段と秋が深まっていきます。
日時 平成29年10月8日(日)  午後1時から
棡原(ゆずりはら)地区獅子舞奉納祭はコチラ
林蔵坊(りんぞうぼう)

開創は1288(正応元)年に六老僧(日蓮聖人の直弟子)の1人、
白蓮阿闍梨日興上人によって開かれました。
ひなびた石の階段を上っていくと、手入れの行き届いたお庭に、
2つの歴史ある塔が建立されています。
林蔵坊(りんぞうぼう)はコチラ
長池親水公園(ながいけしんすいこうえん)

湖越しの雄大な富士山は圧巻!富士山に近いビュースポットです。
「ダブルダイヤモンド富士」のビュースポットでもあります。
富士山の雄姿をぜひ!!
長池親水公園(ながいけしんすいこうえん)はコチラ
山吹街道(やまぶきかいどう)

芦川(あしがわ)渓谷は、標高1793mの黒岳から流れる渓谷です。
自然そのままの姿で残されており、芦川駅からバスに乗っていくと、
眼下に沿道を黄色く染める山吹を見ることができます。
また、近くにはキャンプ場などアウトドアを楽しむ施設があり、
心地よい瀬音・鳥の声・風の音を聞きながら、ゆったりと過ごせます。
山吹街道(やまぶきかいどう)はコチラ
甲州市かつぬまぶどうまつり

ぶどうとワインのふるさと、甲州市勝沼で行われるぶどうの祭典。
ぶどうの収穫に感謝し、その喜びをみなさんと共に分かち合うお祭りです。
甲州ぶどう・ワインの無料サービスや地元人気店の出店
ブース、ステージイベントなど見所盛りだくさん。
夜点火される鳥居焼と花火でクライマックスを迎えます。
甲州市かつぬまぶどうまつりはコチラ
小池邦夫絵手紙美術館(こいけくにおえてがみびじゅつかん)

ちょっと自分の気持ちを伝えたい、季節のお知らせを出したい、
という時にぴったりの絵手紙たくさんの人から共感されている、
この絵手紙を始めたのが小池邦夫さんです。
その絵手紙創始者である小池邦夫の美術館が忍野にあります。
絵手紙の道具も販売されています。
小池邦夫絵手紙美術館(こいけくにおえてがみびじゅつかん)はコチラ
全636件 BACK NEXT 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

掲載店舗検索

掲載店舗検索

SNS

リンク

  • Thanks Photos
  • Iターン
  • 観光情報
  • 富士山トリビア
  • フジMAX
  • チラシ実績
ページのトップへ戻る