山梨・甲府の観光、グルメ、ショッピング、宿泊施設など
多彩なレジャーやお得クーポンなどの情報をご紹介する甲府ちゃんねるナビ

登録掲載件数640
トップ > 観光情報

身延山御会式 万燈行列(みのぶさんおえしき まんどうぎょうれつ)

日蓮聖人の御入滅の際、大地鳴動して時ならぬ桜が一斉に咲き揃い、
多くの弟子達がこの桜の下で聖人を悼んだと伝えられています。
この故事にちなみ、竹の柳に和紙で作った桜花を飾り付けた万燈を引き、
太鼓、笛、鐘によるおはやしを奏でながら歩きます。
約2,000名もの人々が全国より参加します。
日時 平成28年10月7日(土) 16時30分∼21時(予定)
身延山御会式 万燈行列(みのぶさんおえしき まんどうぎょうれつ)はコチラ
よい子の花火大会

かつて下吉田の月江寺地区の恒例行事として地元の人に親しまれていた「よい子の花火大会」。地域の団結力を高め、いきいきとした街へと盛り上げていきたいという、地元有志の方々により開催されます。メインイベントの打ち上げ花火のほか、ステージイベントや昔ながらの屋台など、子どもも大人も、家族でも楽しめるイベントです。今年は20時半から下吉田第2小学校グラウンドから約2000発もの花火を打ち上げます。
日時:10月1日(日)10:00∼20:00
よい子の花火大会はコチラ
須玉甲斐源氏(すだまかいげんじ)祭り

「甲斐源氏発祥の地」をPRするお祭り。
北杜氏須玉町の城跡「若神子城」は、
甲斐源氏・武田始祖の新羅三郎義光が築いたと言われています。
須玉町若神子では毎年秋に「須玉甲斐源氏祭り」を開催しています。
ちびっこ相撲やお笑い芸人ライブ、サクライザーショーや甲斐源氏太鼓の演奏、屋台などをお楽しみください。
日時:2017年10月1日(日)
   10時00分から16時30分まで※小雨決行
須玉甲斐源氏(すだまかいげんじ)祭りはコチラ
棡原(ゆずりはら)地区獅子舞奉納祭

上野原市棡原の大垣外、小伏、猪丸、日原の4地区で行われ、
それぞれの地区で型の違う舞が披露されます。
この奉納祭が終わると、棡原地区は一段と秋が深まっていきます。
日時 平成29年10月8日(日)  午後1時から
棡原(ゆずりはら)地区獅子舞奉納祭はコチラ
林蔵坊(りんぞうぼう)

開創は1288(正応元)年に六老僧(日蓮聖人の直弟子)の1人、
白蓮阿闍梨日興上人によって開かれました。
ひなびた石の階段を上っていくと、手入れの行き届いたお庭に、
2つの歴史ある塔が建立されています。
林蔵坊(りんぞうぼう)はコチラ
長池親水公園(ながいけしんすいこうえん)

湖越しの雄大な富士山は圧巻!富士山に近いビュースポットです。
「ダブルダイヤモンド富士」のビュースポットでもあります。
富士山の雄姿をぜひ!!
長池親水公園(ながいけしんすいこうえん)はコチラ
山吹街道(やまぶきかいどう)

芦川(あしがわ)渓谷は、標高1793mの黒岳から流れる渓谷です。
自然そのままの姿で残されており、芦川駅からバスに乗っていくと、
眼下に沿道を黄色く染める山吹を見ることができます。
また、近くにはキャンプ場などアウトドアを楽しむ施設があり、
心地よい瀬音・鳥の声・風の音を聞きながら、ゆったりと過ごせます。
山吹街道(やまぶきかいどう)はコチラ
甲州市かつぬまぶどうまつり

ぶどうとワインのふるさと、甲州市勝沼で行われるぶどうの祭典。
ぶどうの収穫に感謝し、その喜びをみなさんと共に分かち合うお祭りです。
甲州ぶどう・ワインの無料サービスや地元人気店の出店
ブース、ステージイベントなど見所盛りだくさん。
夜点火される鳥居焼と花火でクライマックスを迎えます。
甲州市かつぬまぶどうまつりはコチラ
小池邦夫絵手紙美術館(こいけくにおえてがみびじゅつかん)

ちょっと自分の気持ちを伝えたい、季節のお知らせを出したい、
という時にぴったりの絵手紙たくさんの人から共感されている、
この絵手紙を始めたのが小池邦夫さんです。
その絵手紙創始者である小池邦夫の美術館が忍野にあります。
絵手紙の道具も販売されています。
小池邦夫絵手紙美術館(こいけくにおえてがみびじゅつかん)はコチラ
水源の郷道志清流の花火大会

昨年開催し大好評を得た清流の花火大会が内容をパワーアップし今年も実施されます。
大迫力の音と可憐な花火との共演をお楽しみください。
日時:平成29年9月16日(土)17:00〜
  ※雨天の場合は翌17日(日)に順延
場所:道の駅どうし芝生広場
水源の郷道志清流の花火大会はコチラ
冨士御室浅間神社(ふじおむろせんげんじんじゃ)秋の例大祭

甲斐源氏の祖、新羅三郎義光の「後三年の役」の戦勝祝いが起源のお祭りで
「浦安の舞」や神輿が練り歩き、早秋の湖畔を彩ります。
■開催場所
冨士御室浅間神社境内
■開催期間
2017年9月9日(土)
冨士御室浅間神社(ふじおむろせんげんじんじゃ)秋の例大祭はコチラ
ローラーすべり台

長さ247メートル高低差42メートルのローラーすべり台です。
眼下に丹波渓谷を見ながら一気に下れば2分30秒、
スリルは満点。ローラーすべり台としては最大の規模といわれています。
小峰山の頂点に築かれた冒険丹波山城の1階が出発点、
2階は展望台になっています。
ローラーすべり台はコチラ
大栗(おおぐり)オートキャンプ場

標高600メートルの所にある、大栗(おおぐり)オートキャンプ場は、
道志川沿いのキャンプ場で、場内を流れる川は、
腰位の深さなので安心して川遊びができたり、渓流釣りなどを楽しめます。
テントはフリーサイトで好きなところに張れるのが特徴です。
川のせせらぎを感じながら、ゆっくりとした時間が流れます。
大栗(おおぐり)オートキャンプ場はコチラ
ダイヤモンド富士

「ダイヤモンド富士」は、富士山の山頂中央部から太陽が昇り、
ダイヤモンドリングのような輝きを見せる滅多に見ることの出来ない非常に珍しい現象です。
身延山山頂からは年2回、春(3月中旬)と秋(9月下旬?10月初旬)のほんの数日間観ることが出来ます。
ぜひ、この機会にお出かけください!!
ダイヤモンド富士はコチラ
みはらし広場

みはらし広場では、宝石を散りばめたような甲府盆地の夜景を一望できます。
甲府駅北口から千代田湖・昇仙峡へ向かう県道天神平甲府線の途中にある和田峠は、
地元ではなじみの夜景スポットです。
瞬く星空を仰ぎながら絵葉書の宇ような夜景をご堪能できます。
空気の澄んだ冬の空には富士山も顔を出して見えます。
みはらし広場はコチラ
大平高原(おおひらこうげん)

大平高原は、八ケ岳・秩父山系乾徳山の麓の高原です。
富士山もよく見えます!!
レンゲツツジの群落もあります!!
ぜひ、訪れてみて下さい!
大平高原(おおひらこうげん)はコチラ
平山郁夫(ひらやまいくお)シルクロード美術館

日本画家平山郁夫による絵画作品と平山夫妻が昭和43年以来、
40年近くにわたって収集してきたシルクロードの美術品約9,000点を順次、
毎年2回企画展示しています。 2015年には館内にカフェ「キャラバンサライ」がオープン。
平山郁夫(ひらやまいくお)シルクロード美術館はコチラ
大弐学問祭(だいにがくもんさい)

江戸時代に民主主義の先駆けと言える思想を唱えた、
甲斐市の郷土の偉人「山県大弐」の遺徳を偲び、また市民のふれあいの場となるよう、
9月23日の秋分の日に同神社を会場に行われている祭りです。
当日は、学問成就祈願を始め、神輿が練り歩き、
山県神社参道に一大絵巻を繰り広げます。
【開催日】平成29年9月23日
大弐学問祭(だいにがくもんさい)はコチラ
AWAKEマーケット

市内外で人気の「AWAKEマーケット」と笛吹市ワイン会がコラボし、
笛吹市らしさを表現したマーケットを開催します。
果樹農家集団「クダモノビト」や雑貨物販、キッチンカーなど多数出店。
ライブパフォーマンスも開催。
【開催日】平成29年9月17日(日)
AWAKEマーケットはコチラ
七面山大祭(しちめんさんたいさい)

七面大明神を祭った開創の日を記念する大祭です。
大法会は法主猊下や山内支院僧侶、身延山また七面山縁故の僧侶などが総出仕し
9月18日から19日の朝にかけて法要が盛大に執り行われます。
開催日2017年9月18日(月・祝)∼9月19日(火)
七面山大祭(しちめんさんたいさい)はコチラ
全683件 BACK NEXT 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35

掲載店舗検索

掲載店舗検索

SNS

リンク

  • Thanks Photos
  • Iターン
  • 観光情報
  • 富士山トリビア
  • フジMAX
  • チラシ実績
ページのトップへ戻る