登録掲載件数 605

トップ > 山梨の観光スポット

河口湖湖上祭(かわぐちここじょうさい)

夏の河口湖の代名詞である「河口湖湖上祭」
毎年前夜祭は8月4日に、大・花火大会年は8月5日に開催します。
特大スターマインや大玉連発花火、ミュージカルスターマインが夏の湖畔を彩ります。
開催日
8月4日(金)
8月5日(土)
河口湖湖上祭(かわぐちここじょうさい) はコチラ
八ヶ岳薪能(ヤツガタケタキギノウ)

全国200カ所以上で行われ、今や夏の風物詩としてすっかり定着した感のある薪能。
漆黒の闇に燃えるかがり火の炎が、演者と舞台をほのかに照らし、観る者を幽玄の世界へと誘います。
なかでも当神社で毎年8月3日に行われる「八ヶ岳薪能」は、
八ヶ岳山麗という大自然と神池に浮かんだ能舞台群という絶妙なロケーションによって、
地元の愛好家のみならず、全国的にその名を知れ渡っています。
開催日 平成29年8月3日
八ヶ岳薪能(ヤツガタケタキギノウ) はコチラ
西湖竜宮祭(さいこりゅうぐうさい)

西湖竜宮祭(さいこりゅうぐうさい)は、水の神「豊玉姫命」を祭る竜宮神社の祭典です。
灯籠流し、花火大会が湖面を彩る光の綴れ織りが幻想世界を作ります。
開催場所:西湖湖畔前浜沖
開催日:2017 年8月2日
西湖竜宮祭(さいこりゅうぐうさい)はコチラ
山中湖報湖祭(やまなかこほうこさい)

富士五湖では、8月1日?順次花火大会が行われています。
そのトップを切って行われる花火大会が「山中湖報湖祭」です。
報湖祭では4つの地区に分かれてそれぞれ花火が打上られるので、
湖のどこにいても花火大会を楽しむことができますよ!
開催日 8月1日
※雨天の場合は8月2日に順延となります。
山中湖報湖祭(やまなかこほうこさい)はコチラ
中央市玉穂(たまほ)ふるさとふれあい広場

中央市玉穂(たまほ)ふるさとふれあい広場は、ふるさと創生事業により整備された公園です。
夜間照明施設を備え、スポーツやイベントなど多目的に使える
グラウンドやテニスコート、ゲートボール場、芝生の広場、遊具、遊歩道、修景池などがあり、
幅広い年齢層の憩いの場となっています。
中央市玉穂(たまほ)ふるさとふれあい広場はコチラ
水晶御輿(すいしょうみこし)

山梨県は水晶発祥の地として有名です。
ご神体には巨大な水晶玉(直径40cm、重さは80kg)を使った全国初の水晶神輿で、
紙垂(しで)の代わりに大きさの異なる数百個の水晶を飾り、
発光ダイオード(LED)で幻想的に光るよう工夫を凝らしたみこしです。
水晶御輿(すいしょうみこし)はコチラ
芸術の森公園と富士山

緑豊かな芸術の森公園内には、ミレーの美術館として有名な山梨県立美術館と、
山梨県ゆかりの人物の作品を中心に展示を行っている山梨県立文学館があります。
その他にもバラ園や日本庭園、牡丹園など四季折々の風景をお楽しみいただけます。
素晴らしい芸術作品と富士山の眺望をご一緒にご覧いただけます。
山梨県立美術館と芸術の森公園のもっと詳しくはコチラ
山梨県立図書館

2012年11月11日、甲府駅北口に新しい県立図書館が開館しました。
山梨県立図書館は、甲府駅前に立地し、多様な県民活動の舞台となる図書館です。
明るく開放的な建物には知識や情報があふれ、
様々な本や多くの人との出会いが生まれる知的な創造の場となっています。
山梨県立図書館はコチラ
清春白樺美術館(きよはるしらかばびじゅつかん)

1983年に清春芸術村の施設として建設された清春白樺美術館は、
武者小路実篤、志賀直哉など「白樺」の同人が建設しようとして
その夢を果せなかった「幻の美術館」を、
武者小路、志賀の両氏を敬愛し、個人的にも親交のあった吉井長三が実現したものです。
色々な芸術品が展示してありますのでぜひ、お出かけください!
住所 山梨県北杜市長坂町中丸2072
清春白樺美術館(きよはるしらかばびじゅつかん)はコチラ
ひまわり公園

日照時間日本一の明野らしく4.1ヘクタールに約25万本が時期をずらして咲き誇ります。
真っ青な空と太陽の下、南アルプス、八ヶ岳、富士山、茅ヶ岳など
360度の大パノラマの中で咲き誇る25万本のひまわりとあふれる自然を満喫できますよ。
見頃:7月下旬∼8月下旬
ひまわり公園はコチラ
石和温泉連夜花火(いさわおんせんれんやはなび)

毎年好評をいただいている連夜花火が今年も実施されます。
夏休み期間中約1ヶ月間の開催なので自分の行きたい日にあわせて花火が見られます。
渋滞や人混みなどをあまり気にする必要がないので、小さなお子様の花火デビューには最適です。
◆期間:平成29年7月20日(木)から8月20日(日)
◆時間:午後8時50分から午後9時
◆場所:笛吹市役所笛吹川河川敷
石和温泉連夜花火(いさわおんせんれんやはなび)はコチラ
夏まつり丹波(たんば)

毎年恒例の開催となりました夏まつり丹波が今年は30回を迎えます。
丸太渡り・鱒のつかみ取り・鮎の友釣り体験・カヌー教室などの「アドベンチャーゾーン」
お子様が楽しめる「キッズゾーン」、グルメブースなどご家族も終日楽しめます。
ぜひ、お出かけください!
■日時
平成29年7月30日(日)10:00∼15:30
■会場
丹波山村交流促進センター(北都留郡丹波山村1251)ほか
夏まつり丹波(たんば)はコチラ
2017ふじかわ夏まつり

国道52号線を通行止めにし、全長630メートルに渡る歩行者天国による夏祭りです。
お祭り会場には様々な売店が並び子供から大人まで楽しめるイベントをたくさんありますよ!
■開催日平成29年7月22日(土)
2017ふじかわ夏まつりはコチラ
河口湖浅間神社太々御神楽祭 (かわぐちこあさまじんじゃ だいだいおかぐらさい) 稚児の舞(ちごのまい)

別名「孫見祭り」といわれるお祭りで、
県指定無形文化財の「稚児の舞」が奉納されます。
「稚児の舞」は小学校6年生くらいまでの女の子が、
神社の神前で笛などの演奏に合わせて数人で踊る、
河口地区に伝わる伝統的な舞です。
【開催日】
2017年7月28日(金)
河口湖浅間神社太々御神楽祭 (かわぐちこあさまじんじゃ だいだいおかぐらさい) 稚児の舞(ちごのまい)はコチラ
ブルーベリー祭り

ブルーベリーの生産時期に合わせ、道の駅なるさわにてブルーベリー祭りを開催します。
採れたてのブルーベリーのはかり売りや、ブルーベリーソースをかけたアイスクリームも販売します。
加工品のジャム、ソースの試食も行いますので、ぜひ、お立ち寄りください!
【開催日】
平成29年7月22日(土)∼23日(日)
午前10:00∼
ブルーベリー祭りはコチラ
なるさわ収穫祭

鳴沢村では、特産品である高原野菜の一番美味しい時期に合わせて、
「なるさわ収穫祭」を開催します。
鳴沢村で採れた新鮮なとうもろこし・トマト・きゅうりなどを無料で食し、
購入できるイベントです。
試食は無くなり次第終了しますので、ぜひお早めにお越しください。
【開催日時】
第1回 平成29年7月29日(土)∼30日(日)   
第2回 平成29年8月26日(土)∼27日(日)
【開催時間】
AM10:00∼PM3:00
(試食は無くなり次第終了します。)
なるさわ収穫祭はコチラ
南アルプス山麓サマーフェスティバル

南アルプス山麓サマーフェスティバルは、美しい南アルプス市のフルーツ、桃やすももが最盛期を迎える時期に開催します。
地元農産物の直売や県内外からの特産品の販売、他にも、B級グルメの出店も予定しています。
ステージイベントも開催され、お祭りの最後には夏の夜空を彩る花火が打ち上げられます。
■日時
平成29年7月29日(土) 午後4時∼9時
南アルプス山麓サマーフェスティバルはコチラ
富士吉田市市民夏祭り

富士吉田市市民夏祭りは、富士吉田市の市制誕生を祝うお祭りとして始まり、
現在は「富士の麓に広がる笑顔∼ひと・まち・富士を繋ぐチカラ∼」
というテーマで「市民夏祭り」と称して開催されています。
地元商店会や市民による屋台が多く出店される他、ステージイベントなども開催されます。
開催日:2017年7月29日 (土)
富士吉田市市民夏祭りはコチラ
地ビールフェスト甲府

富士山、南アルプス、八ヶ岳、秩父山系に囲まれた、
深ーい自然が育む水のふるさと山梨には、東日本初の地ビール誕生の地・甲府があるんです。
そんな歴史を持つ甲府駅前に、地ビールや地フードが大集合!
さあ、うまいビールとフードを両手に、今年も飲んで笑って夏を楽しもう!
日時:2017年7月28日(金)∼8月6日(日)
   平日 16:30∼21:00(L.O 20:45)
   土日 11:30∼21:00(L.O 20:45)
場所:甲府駅北口よっちゃばれ広場
地ビールフェスト甲府はコチラ
第60回笛吹川県下納涼花火大会(ふえふきがわけんかのうりょうはなびたいかい)

県内花火大会のトップを切って開催される毎年恒例の花火大会。
約3,000発の花火が夏の夜空を彩ります。
打ち上げ前には自由参加で盛大に踊る盆踊り大会の開催もあります!
ゆかた姿で夏の風物詩を楽しんでみては?
■開催日:平成29年7月22日(土)
■開催時間:19:30∼21:00
第60回笛吹川県下納涼花火大会(ふえふきがわけんかのうりょうはなびたいかい)はコチラ
全411件 BACK NEXT 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

掲載店舗検索

ページのトップへ戻る