登録掲載件数 605

トップ > 山梨の観光スポット

甲府さかなっぱ市

甲府さかなっぱ市とは、魚食普及および野菜の地産地消を推進することを目的としています。
市場のPRと活性化のため市場を開放し、イベントの開催を行います。
旬な新鮮な食材が手に入りますよ!
【日時】
2017年6月24日(土)午前10時∼午(雨天決行)
甲府さかなっぱ市はコチラ
花の都 夏の清風

富士山の裾野に広がる広大なお花畑に、100万本の百日草や1万株のサンパチェンス、
そして15万本のひまわりなどが開花時期ごとに咲き誇ります。
期間 平成29年7月22日(土)∼8月31日(木)
花の都 夏の清風はコチラ
月見ヶ池弁財天祭り(つきみがいけべんざいてんまつり)

水面に揺れる灯篭の光が花火と一緒にお祭りを彩る「月見ヶ池弁財天祭り」
上野原地区の月見ヶ池に祀られている弁財天の社は、正式には江の島神社と呼ばれています。
お祭りでは、花火大会や灯篭流しが行われます。
池に反射した灯篭の光、夏の夜空の花火から感じられる夏休みの空気、
あたたかい雰囲気のお祭りにぜひ足を運んでみてください。
月見ヶ池弁財天祭り(つきみがいけべんざいてんまつり)はコチラ
祇園祭(ぎおんまつり)

祇園祭は、300年来続いている伝統行事です。
五穀豊穣を祈願して奉納される獅子舞が披露されます。
獅子3頭とこれを取り巻く4人の花笠のささらと白刀が
1組となり笛・太古のお囃子の音にのって練り歩きます。
【開催日】平成29年7月15日(土)、16日(日)
祇園祭(ぎおんまつり)はコチラ
恵運院(えうんいん)

平和観音で知られる長松山恵運院。
甲府駅を北に向かった塚原町にある、
戦国時代に武田氏代々の庇護を受けて発展した曹洞宗の寺院です。
寺には、武田信縄の墓をはじめ、
武田氏との深い結びつきを物語る貴重な文化財が多く残されています。
また、お天気の良い日は恵運院前から甲府盆地が一望できます。
恵運院(えうんいん)はコチラ
北杜市明野(ほくとしあけの)サンフラワーフェス

日照時間日本一の北杜市!
今年も北杜市明野町に60万本のひまわりが咲きほこります!!
毎年広大な「ひまわり畑」に圧倒される「明野サンフラワーフェス」です。
ひまわりのバックには、南アルプス、八ヶ岳、富士山と広大な景色が望めますよ。
●期間:2017年7月22日(土)∼8月20日(日)
●時間:8時∼17時
北杜市明野(ほくとしあけの)サンフラワーフェスはコチラ
5感で楽しむバラフェスタ

富士河口湖町河口の河口湖オルゴールの森美術館で
年に1度のバラの祭典が今年もやってきました。
720品種もの色鮮やかなバラの共演をお楽しみください!
今年は観て・聴いて・触って・食べて・香って楽しめるイベントが満載!
ぜひ、おでかけください。
5感で楽しむバラフェスタはコチラ
御坂黒岳(みさかくろだけ)

黒岳(御坂黒岳)は笛吹市内最高峰で山梨百名山のひとつです。
山頂から100mほど進むと富士山を展望できる場所があり、
一部写真愛好家の間では「日本一の富士山ビューポイント」と評されています。
ぜひ、おでかけください!
御坂黒岳(みさかくろだけ)はコチラ
身延山(みのぶさん)の千本杉(せんぼんすぎ)

身延山(みのぶさん)の千本杉(せんぼんすぎ)は、県指定天然記念物です。
本数約250本で樹齢250年です。
ぜひ、お出かけください!
身延山(みのぶさん)の千本杉(せんぼんすぎ)はコチラ
荒川河川敷(あらかわかせんじき)のナデシコ

ナデシコはとっても可憐な花。
実は、甲府市の暑さや寒さにも耐えて咲くたくましさ、
美しさが、市を象徴するとして、甲府市の花に選ばれました。
甲府市の中心を流れる荒川の河川敷で、たくさんのナデシコを見ることができます。
秋の七草として知られていますが、乙羽橋上流の群生地は6月中旬くらいが見頃です。
乙羽橋上流の群生地からは、天気が良ければ、富士山もキレイに見えますよ。
荒川河川敷(あらかわかせんじき)のナデシコはコチラ
あじさいの道

都留・戸沢の森、和みの里にあるあじさいの道は、
芭蕉月待ちの湯の道を挟んだ真向かい、二十六夜山の麓にあります。
全長約2kmの小径に、1500株の紫陽花がたわわに咲き、
お風呂に訪れた人たちの心をなごませています。
見頃は7月中旬です。
あじさいの道はコチラ
桂林寺(けいりんじ)の睡蓮(すいれん)

桂林寺の睡蓮は、お花が太陽の光を浴びてピカピカと輝き、
池の周囲にはクリンソウ、オオバギボウシ、ユキノシタ、カラーなど、
手入れの行き届いた植物たちが所々に咲いています。
見頃は5月下旬∼6月下旬です。
桂林寺(けいりんじ)の睡蓮(すいれん)はコチラ
笛吹川石和鵜飼(ふえふきがわいさわうかい)

笛吹市では、毎年「笛吹川石和鵜飼」を笛吹川の川辺で開催しています。
期間中は、午後8時50分から10分間「石和温泉連夜花火」も同時開催されます。
■期間
平成29年7月20日(木)から8月19日(土)の水・木・土・日曜日
■時間
午後8時から午後8時50分
■場所
笛吹市役所笛吹川河川敷
護岸の階段席で無料でご覧いただけます。
笛吹川石和鵜飼(ふえふきがわいさわうかい)はコチラ
富士山開山前夜祭(ふじさんかいざんぜんやさい)

毎年富士山の山開きの前日6月30日に、麓の富士吉田市では「富士山開山前夜祭」が開催されます。
富士講の方々をはじめ、市民も参加し、
金鳥居公園から富士山吉田口登山道の起点である北口本宮冨士浅間神社までパレードを行います。
■開 催 日  
 平成29年6月30日(金)
■開催場所  
 金鳥居市民公園∼北口本宮冨士浅間神社
富士山開山前夜祭(ふじさんかいざんぜんやさい)はコチラ
富士川クラフトパークカヌー場

富士川クラフトパークカヌー場は、
大自然の中にあるカヌーボンドで、気軽にカヌー体験がお楽しみいただけます。
ヌーに乗ることで、水の上を滑るような感覚や大自然の中で水との一体感を感じることができ、
今までに体験したことがない感覚が味わえますよ。
富士川クラフトパークカヌー場はコチラ
富士山開山祭(ふじさんかいざんさい)

毎年7月1日は、富士山のお山開きです。
吉田口登山道の入口である北口本宮冨士浅間神社では、
この日に富士山と関わりの深い人たちが集まり、開山祭を斎行します。
最初に手と口を水で漱ぎ、お祓いの儀式が行われます。
それから拝殿に上がり、富士山に感謝をし、多くの人の無事を祈ります。
■開催日
2017/07/01 (土)
富士山開山祭(ふじさんかいざんさい)はコチラ
小田川(こたがわ)ホタルまつり

小田川(こたがわ)ホタルまつりは、環境省「ふるさといきものの里100選」に
選定された小田川地区の柳原神社で行われるお祭りです。
お祭り当日は、ゲンジボタル観賞のほか、蛍籠手作り教室などがあります。
■日時
平成29年6月10日(土) 午後6時∼
■会場
韮崎市中田町小田川
(国道141号線沿い)柳原神社境内前広場
小田川(こたがわ)ホタルまつりはコチラ
桑(くわ)の実摘(みつ)み

甲斐市の北部は、かつて養蚕業が栄えた地域として、今もたくさん桑畑が残されています。
甲斐市商工会では、遊休桑園を活用し、期間限定の「桑の実摘み園」を開園します。
若い方には新鮮な味!!中高年の方には懐かしい味が
味わえる「桑の実摘み」をきれいに整備された桑畑でお楽しみください。
期間 6月2日(金)∼11日(日)
※結実の状況により変更の可能性あり
 時間 午前10時∼午後3時30分
 料金  大人     600円
     小学生    400円
     未就学児   無料
桑(くわ)の実摘(みつ)みはコチラ
南アルプス開山祭(かいざんさい)・長衛祭(ちょうえいさい)

南アルプスの麓、広河原モニュメント前で先駆者の偉業に感謝すると共に、
入山者の安全登山を祈念して百年前のいでたちの案内人により
「蔓払い」のセレモニーが行われます。
【開催日】
6月24日(土)∼25日(日)
受付6月24日(土)10時30分
【場所】
長衛小屋横
【参加費】
大人:2,000円 小学生以下:1,000円
南アルプス開山祭(かいざんさい)・長衛祭(ちょうえいさい)はコチラ
日川渓谷(ひかわけいこく)レジャーセンター

日川渓谷レジャーセンターは、美しい緑や輝くような自然が魅力的です。
懐かしい水車小屋の風景や日川渓谷の爽やかな流れ、
マイナスイオンたっぷりの豊かな自然の中でのんびりと過ごしてみませんか?
日川渓谷(ひかわけいこく)レジャーセンターはコチラ
全411件 BACK NEXT 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

掲載店舗検索

ページのトップへ戻る